どんな原因にしても、とりあえず、2V0-621D試験合格は大事です

VMware認定資格は、VMwareソリューションの導入?展開のための技術を有することを認定する資格プログラムです。
VCP6-DCV資格は、仮想化エンジニアのベースとなる知識を有することを証明します。
2V0-621Dは全国のPearsonVUE提携会場で受験できます。
2V0-621D試験形式は多岐選択式です。
どんな原因にしても、とりあえず、2V0-621D試験合格は大事です。
VCP6-DCV資格取得条件には、下記のとおりです。
【前提条件?認定条件】コース受講(必須) +2V0-621D試験合格

VCP6-DCV認定には、以下のいずれかの受講が必須です。
vSphere: Install, Configure, Manage [V6]
vSphere: Install, Configure, Manage [V6] On Demand
vSphere: Optimize and Scale [V6]
vSphere: Optimize and Scale [V6] On Demand
VMware vSphere: Bootcamp [V6]
VMware vSphere: Fast Track [V6]
VMware vSphere: Design and Deploy Fast Track [V6]
VMware vSphere: Troubleshooting [V6]
VMware vSphere: Install, Configure and Manage plus Optimize and Scale Fast Track [V6.0]

VCP6-DCV試験の出題範囲はVCP5-DCVより高度になります。
独学で2V0-621D受験したい場合、PassexamのVCP6-DCV資格2V0-621D問題集を使用しなければなりません。
他のお客様のフィードバックによって、弊社の2V0-621D問題集で受験した、436点を取りました。でも、合格オンライン点は300点です。

【試験コード】
2V0-621D

【受験日】
2017/06/29

【合格点】
300

【取得点】
436点

【受験回数】
1回目

【学習期間】
1週間

【問題数】
65問

【出題形式 】
択一問題、複数問題

【試験時間】
105分

【参考にしたテキスト/Webサイト】
Passexamの問題集のみ

【学習方法】
Passexamの問題集を実施。

【試験の感想】
Passexamの問題集にも演習問題がありました、本番の試験と同じです。
難易度的には2V0-621D試験と同程度だと感じました。

www.youtube.com


弊社のVCP6-DCV資格2V0-621D勉強資料は受験者によって実践を通して得られた結果です。
2V0-621D合格ラインの300点ので、弊社の2V0-621D過去問はテスト用の勉強は必要です。
弊社のVCP6-DCV資格2V0-621D試験のテキストの暗記内容を理解することが大前提です。
vSphere 6の内容が理解できれば合格できると思います。