ISO/IEC 27002準拠情報セキュリティファンデーションでは何が達成できますか?

EXIN Information Securityは技術的なソリューションだけでなく、ビジネス情報と組織内の全ての人という最も貴重な2つの資産に対して、どのようにセキュリティの課題に取り組むべきなのかを学びます。
ISFSは情報セキュリティの重要性は増しています。

ISO/IEC 27002準拠情報セキュリティファンデーションでは何が達成できますか?
社員間での情報セキュリティの気づき、アウェアネス.
必要な対処への方法の理解とどのような時にそれが必要かの理解.

PassexamはInformation Security Foundation (based on ISO/IEC 27002)資格ISFS試験に参加する受験者に非常に適したサイトです。
弊社のInformation Security Foundation (based on ISO/IEC 27002)資格ISFS問題集はあなたが試験に合格するのを助けるための最良の選択です。
弊社のInformation Security Foundation (based on ISO/IEC 27002)資格ISFS試験資料は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。
弊社は領収書(PDF版)を提供することができます。領収書の宛名を提供してもいいです。
弊社のPDF版はいつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。電車での勉強に最適なデバイスです。
ソフト版:真実のEXIN資格ISFS試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
弊社のInformation Security Foundation (based on ISO/IEC 27002)資格ISFS参考書を勉強したら、組織のセキュリティ意識とオーナシップの自覚を高めるために、役立つ実践的なスキルを習得でき、試験範囲に定められている技術をしっかりと理解すれば、本試験でも充分に対応する事が出来ます。

ISO/IEC 27002 準拠 情報セキュリティ ファンデーションは、ISO27002 準拠 情報セキュリティ マネジメント アドバンスド、ISO27002準拠 情報セキュリティ マネジメント エキスパートの資格へと続きます。このプログラム内の全3資格は、ISO / IEC27000の国際スタンダードに基づいています。

必須条件:なし

ISFS試験要件:

1、情報の概念、重要性、信頼性についての知識を取得。
2、リスク、脅威、損害の種類と、有効なリスク戦略やセキュリティ対策を習得。
3、行動規範、所有権、役割と責務を含めたセキュリティポリシーと組織を理解。また、セキュリティ?インシデントの管理方法を習得。
4、様々なセキュリティ対策について習得.
a.IDパス、指紋認証などの物理的手段
b.暗号化などの技術的対策や、フィッシング、スパム、マルウェア等からの攻撃への対処方法
c.アクセス管理やビジネス継続マネジメントとして講じることができる組織的対策
5. 最も重要な法律や規制を認識。

ISFS試験詳細:

問題数 (選択式):40
合格に必要な正解率:65% (40問中26)
本の持込:no
電子機器の持込:no

Passexamは9割ぐらいEXIN資格ISFS問題集を提供します。
最新のEXIN資格ISFS試験資料を繰り返すことで、知識を把握して試験に合格することができます。
弊社のInformation Security Foundation (based on ISO/IEC 27002)資格ISFS受験対策は30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。
他のお客様のフィードバックによって、弊社のISFS問題集で受験した、79%を取りました。でも、合格オンライン点は65%です。

【試験コード】
ISFS

【受験日】
2017/06/04

【合格点】
65%

【取得点】
79%

【受験回数】
1回目

【学習期間】
2週間

【問題数】
40問

【出題形式 】
単一選択

【試験時間】
60分

【参考にしたテキスト/Webサイト】
Passexamのみ

【学習方法】
Passexam使用教材の問題を正解率100%になるまで繰り返す。

【試験の感想】
Passexamだけで満点は取れませんが、合格レベルの得点力は付きます。