1D0-437試験範囲、1D0-437試験概要、1D0-437参考書、1D0-437試験の勉強法、1D0-437練習問題集、1D0-437受験対策

ウェブアプリケーションの開発やウェブデータの処理に用いられるPerlプログラミングの専門スキルを証明する資格です。
CIW Perl Specialist(1D0-437)試験では、Perlの基本的概念について問います。基礎的な文法の理解から始まり、データタイプ、フロー制御、配列およびハッシュ、正規表現およびサブルーチンなどについて出題されます。
すでにWebデザインのための基本言語やスクリブティングに関する知識?スキルなどについては一通り理解していることが前提となっている、CIWの中級資格です。
独学で1D0-437試験の勉強法を欲しいでしょうか?
1D0-437試験合格取得だけを目指すのであれば、PassexamのCIW Perl Specialist認定1D0-437問題集を暗記のみで行けると思います。
弊社のCIW Perl Specialist認定1D0-437試験資料を使用すると、1D0-437試験を受験する際の準備として最適です。
弊社の任意の商品を購入した場合、直接に3割引を提供します。
最新のCIW Perl Specialist認定1D0-437参考書を使用すれば、最高の合格点を得ることができます。

www.youtube.com

1D0-437試験概要:

試験番号:1D0-437
試験名称:CIW PERL FUNDAMENTALS
問題数: 50
合格基準: 75%
試験時間: 75分
受験言語: 日本語または英語
受験言語は、ピアソンVUEを選択した場合のみ日本語または英語を選択できます。 PSIオンライン受験では現在日本語の試験の配信は行っておりません。
資格名:CIW Perl Specialist

また、コマンド行や引数、および環境変数にアクセスする方法、さらにPerlを用いたデータベース接続、Perlスクリプトデバッグの手法についても出題範囲となっています。
CIW Perl Specialist認定1D0-437試験の出題範囲となる内容は次のとおりです

1.1 Perlの基礎(perl実行パス、print命令、スカラー変数 数値.文字列変数などを含む)
1.2 プログラムフロー制御(条件式、比較演算子、論理演算子、if文、分岐命令、while文、do~
while 文、for文、ループ制御、I/O制御などを含む)
1.3 正規表現(パターン結合演算子、文字クラス、パターンマッチ、置換演算子など)
1.4 配列(配列値、sort関数、foreach文、push関数.pop関数、shift関数とunshift関数、 split関
数、join関数、待ち行列などを含む)
1.5 ハッシュ(連想配列ハッシュ値へのアクセス、delete関数、keys関数、values関数、each関
数、reverse関数などを含む)
1.6 サブルーチン(引数、戻り値、変数範囲、リファレンスなどを含む)
1.7 ファイルの入出力(ファイルハンドル、open関数、read関数、getc関数、ファイル情報の検索、
stat関数とlstat関数などを含む)
1.8 環境変数とコマンド行(環境変数、コマンド行の引数などを含む)
1.9 packageとモジュール(packageの使用、BEGINとEND、モジュールの使用、use関数とrequire
関数などを含む)
1.10 オブジェクト指向Perlオブジェクト指向、オブジェクトデータ.メソッド、メソッドの継承、デストラ
クタメソッドなどを含む)
1.11 Perlとデータベース接続(データベースプログラミング、DBI、DBD、データベース接続、問合
せクエリ、connectメソッド、SQLDDL、DQL、DML、引用演算子などを含む)
1.12 Perlプログラムのデバッグデバッグ、-wスイッチ、strictモジュール、デバッガ、モジュラ、エラ
ーの予防、エラーを防止するコーディング技法などを含む)

最新のCIW Perl Specialist認定1D0-437試験範囲をきっちり勉強できていれば2日に合格できると思います。
弊社のCIW Perl Specialist認定1D0-437受験対策は試験専門知識を向上させるだけでなく、環境を整えることが実現されました。
最新のCIW Perl Specialist認定1D0-437練習問題集が結構出題されます。

おもな受験者イメージ:

CIW Perl?スペシャリスト資格の取得を目指される方
業務でPerlを使用する方
ウェブアプリケーションの専門職種または業務に携わる方
ウェブアプリケーション業界での就?転職を目指される方
CIW ウェブ開発?プロフェッショナル資格など、他のCIW資格の取得を検討されている方 ※また、この資格は、上位資格(CIW ウェブ開発?プロフェッショナル資格)の認定要件の1つです。
Perlに関する専門知識を体系的に整理、確認したい方

1D0-437学習範囲 - CIW Perl?スペシャリスト 公式カリキュラム:

Perlスクリプティング
正規表現やデータタイプ
Perlスクリプトの開発
データ処理、ファイルへのアクセス操作
Webサイトへの実装
データベース接続
デバッグ技法

完全なCIW Perl Specialist認定1D0-437試験準備をして、気楽に試験を受かることができるようになります。
弊社のCIW Perl Specialist認定1D0-437参考書の内容理解して、問題を丁寧に解いていけば、だれでも合格できる資格だと思います。
理解した知識を応用したCIW Perl Specialist認定1D0-437問題が出題されるため、問題集の問題だけでは合格できます。
CIW Perl Specialist認定1D0-437合格体験記には、下記のとおりです。

【試験コード】
1D0-437

【受験日】
2017/05/09

【合格点】
75%

【取得点】
86%

【受験回数】
1回目

【学習期間】
3週間

【問題数】
50問

【出題形式 】
リスト選択(単一)

【試験時間】
75分

【参考にしたテキスト/Webサイト】
独習Perl第2版
Passexam社問題集

【学習方法】
独習Perlを主に、Perl言語プログラミングレッスンのテキストとLinux実機で確認しながら勉強。
Passexam社問題集は購入しませんでしたが、CIWのHPで試験範囲を確認し、独習Perlとの差分をWebで調べて勉強しました。

【試験の感想】
プログラミング初心者で、問題の傾向もつかめなかったため、かなり真面目に勉強しました。
試験も合格する自信がなくビビッてましたが、Passexamのテキストの内容は抑えていたので思い切って受験。