70-490試験勉強、70-490問題集、70-490受験対策、70-490試験概要、MCSD認定、70-490出題内容の詳細

開発者としてお仕事をしている限り、どのような状況になってもMCSDを更新し続けることをお勧めします。
MCSD資格70-490試験勉強だけでなく実務経験の豊富な講師を頼むこともできるので、現場での実践的な指導まで受けることができます。
70-490試験は、取得済みのMCSD: Windows Store Apps 認定を維持したいと考えている個人を対象としていて、試験目標 481 および 482 に基づいています。
もし、70-490試験に合格する自信を持っていないなら、ここで最高のPassexamの70-490問題集を推奨します。
最新のMCSD認定70-490(MCSD: Windows Store Apps using HTML5 の再認定)参考書を使用すると、初心者としてこの試験分野の基礎知識は持っている場合、きっと70-490試験に合格することができます。
最も先進的なMCSD認定70-490受験対策を提供します。
他のお客様が弊社のMCSD認定70-490問題集を集中して繰り返し解いて試験を受けました、結果高得点を取得しました。

70-490試験概要:

試験番号:70-490
試験名称:MCSD: Windows Store Apps using HTML5 の再認定
配信開始: 2014 年 8 月 1 日
言語: 英語、日本語
対象者:開発者
テクノロジ: ASP.NET MVC
対応資格: MCPMCSD
試験料:¥21,103.00 JPY

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかります.スケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

70-490出題内容の詳細は以下のとおりです:

Windows ストア アプリの設計
Windows ストア アプリの開発
ユーザー インターフェイスの作成
ユーザー操作のプログラミング
セキュリティとデータの管理
Windows ストア アプリの開発
バイスの検出およびデバイスとの対話
ユーザー操作のプログラミング
ユーザー インターフェイスの強化
データとセキュリティの管理
ソリューション配置の準備

最優秀なMCSD認定70-490練習問題集を提供して、受験者を試験に合格させることを保証します。
弊社のMCSD認定70-490学習材料を使用してから、テキストが出題されました。
弊社のMCSD認定70-490(MCSD: Windows Store Apps using HTML5 の再認定)参考書を利用したら、高い点数を取ることができ、あなたの理想なところへと進むことができます。
もし、MCSD認定70-490試験に合格しない場合は、全額返金します。
PassexamのMCSD認定70-490試験資料を購入したお客様は一年のうちに無料更新のサービスをして、更新された状態を確保できます。
弊社のMCSD認定70-490試験対策を使用すれば、一回だけでテストに合格できるように、職業技能を増強られます。

1.You need to set the default storage location for the client profiles.
Which code segment should you insert at line CD04?
A. fop.suggestedStartLocation = Windows.Storage.Pickers.PickerLocationId.documents Library;
B. fop.defaultFolder = Windows.Storage.Piekers.PickerLocationId.documents Library;
C. fop.suggestedStartLocation = Windows.Storage.Pickers.PickerLocationId.videosLibrary;
D. fop.suggestedStartLocation = "%AppData%";
Answer: B

2.You need to retrieve the background task collection for the iteration loop.
Which code segment should you insert at line BG14?
A. var tasks = Windows.ApplicationModel.Background.BackgroundTaskRegistration.first();
B. var tasks = Windows.ApplicationModel.Background.BackgroundTaskRegistration.allTasks.first();
C. var tasks = Windows.ApplicationModel.Background.BackgroundTaskBuilder.allTasks.first();
D. var tasks = Windows.ApplicationModel.Background.BackgroundTaskRegistration.allTasks();
Answer: B

3.You need to complete the code to start the background task.
Which code segment should you insert at line BG07?
A. Windows.ApplicationModel.Background.SystemTriggerType.servicingComplete.true
B. Windows.ApplicationModel.Background.SystemTriggerType.userPresent.true
C. Windows.ApplicationModel.Background.SystemTriggerType.internetAvailable.false
D. Windows.ApplicationModel.Background.SystemTriggerType.userAway.false
Answer: C