VCP6.5-DCV認定を受けるためには?

VCP6.5-DCV認定を受けるためには?
初めてVCP認定を受ける際は、[1] トレーニングコースの受講、[2] vSphere Foundations試験の合格を経て、[3] VCP試験に合格いただくというラーニングパスになっています。
2V0-622D試験に合格すれば、VCP6.5-DCVの資格を取得することができます。
PassexamのVMware VCP6.5-DCV資格2V0-622D問題集の正解率が9割を超えるまで繰り返し、試験に合格することができます。
初心者の方はVMware VCP6.5-DCV資格2V0-622D参考書がもっと充実してから、問題を覚えるまで繰り返す、きっと試験に合格できます。
弊社のVMware VCP6.5-DCV資格2V0-622D試験のテキストの内容理解して、問題を丁寧に解いていけば、だれでも合格できる資格だと思います。
弊社のVMware VCP6.5-DCV資格2V0-622D勉強資料を一度ちゃんと学習しておけば合格レベルに到達すると思います。

www.youtube.com

トレーニングコース、2つの試験ともにバージョン6と6.5がありますが、VCP6.5-DCV認定となるためには下記の要件を満たす必要があります。
?バージョン6.5のトレーニングコースを受講
?バージョン6.5のVCP試験に合格
* vSphere Foundations試験のバージョンは問いません

推奨トレーニング:

VMware vSphere:インストール、設定、管理[V6.5]
VMware vSphere:最適化とスケーリング[V6.5]
VMware vSphere:インストールの管理と最適化とスケールファーストトラック[V6.5]
VMware vSphere:最適化と拡張とファーストトラックのトラブルシューティング[V6.5]
VMware vSphere:公共部門のお客様向けのスキル[V6.5]
VMware vSphere:ファーストトラック[V6.5]
VMware vSphere:Workshop [V6.5]のトラブルシューティング

2V0-622D VMware Certified Professional 6.5 - Data Center Virtualization Delta Examは、VCP6.5-DCV認定に関する試験であり、試験時間は 105 分、問題数は 70 問、合格点は300点、受験料は$250 USD、試験言語は英語と日本語、検証はVMware vSphere 6.5、試験形式は単一選択と複数選択です。

2V0-622D試験全体の難易度としては、VMware VCP6.5-DCV資格といった位置づけということもあり、範囲は広いですが基礎的な問題が多かったです。
弊社のVMware VCP6.5-DCV資格2V0-622D受験対策で正解までの考え方を含めて理解すれば合格できます。
最新のVMware VCP6.5-DCV資格2V0-622D受験対策を使用すると、1回で受ければ、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。
弊社のVMware VCP6.5-DCV資格2V0-622D試験資料を勉強したら、試験に合格するために、一年間の無料更新サービスを提供します。
お客様が購入した前に、部分の2V0-622D問題と答えを見てください。

1.An ESXi host’s VMCA-Signed certificate has expired. How can the certificate be renewed?
A. In the vSphere Web Client, browse to the host in question. Click the Manage tab and select settings.
Select System and click Certificate, then click the Renew button.
B. In the vSphere Web Client, browse to the host in question.Click the Manage tab and select settings.
Select System and click Certificate, then click the Refresh CA Certificates button.
C. Run the command /sbin/generate-certificates on the affected host.
D. Disconnect the host from vCenter Server and reconnect it.
Answer: B

2.Which is the correct order for upgrading vSphere components?
A. vCenter Server, ESXi hosts, VMware Tools, Virtual Machine hardware
B. VMware Tools, Virtual Machine hardware, ESXi hosts, vCenter Server
C. vCenter Server, Virtual Machine hardware, VMware tools, ESXi hosts
D. ESXi hosts, vCenter Server, Virtual Machine hardware, VMware Tools
Answer: D

3.Which two datastore types are supported by Storage I/O Control v2? (Choose two.)
A. vSAN
B. RDM
C. NFS
D. Virtual Volumes
E. VMFS
Answer: C,E

4.Which iSCSI initiator type can be used with any network interface card?
A. Software iSCSI initiator
B. Software FCoE adapter
C. Hardware Independent iSCSI initiator
D. HardwareDependent iSCSI initiator
Answer: A

5.An administrator is attempting to power on a virtual machine with 32GB of memory. The operation fails
with the following error:
Could not power on VM : No space left on device
Checking the space on the virtual machine’s datastore, there is 30GB free.
Which action would allow the VM to power on?
A. Set a 2GB memory reservation on the VM.
B. Mount the virtual disk from the affected VM on to another virtual machine and free up space from within
the OS.
C. Enable vSphere HD admission control on the cluster in which the VM resides.
D. Set a 2GB memory limit on the VM.
Answer: B