JN0-333試験はJN0-332の後継試験としてリリースされました

2017年7月1日、ジュニパーネットワークス認定スペシャリストセキュリティ(JNCIS-SEC)およびプロフェッショナルセキュリティ(JNCIP-SEC)の認定資格試験の新試験が開始されます。
 
これらの試験の最新バージョン(JN0-332およびJN0-633)は、2017年7月1日にEOL(End of Life)で終了します。現在、JN0-332およびJN0-633試験の準備をしている受験者は、Pearson EOLの日付より前のVUEテストセンター。

JN0-333試験はJN0-332の後継試験としてリリースされました。

ジュニパーネットワークス認定資格プログラム(JNCP)の Junos Security 認定資格プログラムにより、受験者はジュニパーネットワークス独自の技術に関する能力を証明できます。

PassexamはJNCIS-SEC資格JN0-333受験するのなら、じっくり勉強して高得点での合格を狙うのもいいでしょう。
PassexamのJNCIS-SEC資格JN0-333問題集で90%以上は網羅するので、正解率を高めます。
弊社のJNCIS-SEC資格JN0-333参考書がカバーする範囲から出題されます。
弊社のJNCIS-SEC資格JN0-333(セキュリティ、スペシャリスト(JNCIS-SEC))勉強資料の正答率を90%以上に上げることが必要です。
弊社のJNCIS-SEC資格JN0-333トレーニング資料は完全な購入費用を返金することを保証します。

JN0-333試験概要:

試験コード:JN0-333
試験名称:セキュリティ、スペシャリスト(JNCIS-SEC)
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:90 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIA-Junos

JN0-333筆記試験は、SRX シリーズ デバイス用ジュニパーネットワークス Junos OS に関する中級の知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、セキュリティ技術とそれに関連するプラットフォーム構成の知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。
JN0-333筆記試験に合格することで、受験者が一般的なセキュリティ技術、SRX シリーズ デバイス用 Junos ソフトウェアについて理解していることが証明されます。

JNCIS-SEC 認定資格は 3 年間有効です。再認定オプションを確認するには、再認定 Web ページに進んでください。

JN0-333試験の目的の詳細は以下のとおりです。

Junos Security の概要
ゾーン
セキュリティ ポリシー
NAT
IPsec VPN
高可用性(HA)クラスタリング
仮想 SRX

弊社のJNCIS-SEC資格JN0-333(セキュリティ、スペシャリスト(JNCIS-SEC))練習問題集を提供するだけではなく、いい商品を保証いたします。
最新のJNCIS-SEC資格JN0-333参考書を繰り返し解き90%以上正解できます。
JNCIS-SEC資格JN0-333試験内容が理解できなくても忘れてしまっていても模擬試験を繰り返し学習し解答の手順を確認していけば、高合格点を取得することができます。
JNCIS-SEC資格JN0-333問題と解答を暗記して挑むよりしっかり理解して挑んだほうがいいと思います

1.Which configuration keyword ensures that all in-progress sessions are re-evaluated upon committing a
security policy change?
A. policy-rematch
B. policy-evaluate
C. rematch-policy
D. evaluate-policy
Answer: A

2.Which three security concerns can be addressed by a tunnel mode IPsec VPN secured by AH?
(Choose three.)
A. data integrity
B. data confidentiality
C. data authentication
D. outer IP header confidentiality
E. outer IP header authentication
Answer: A, C, E

3.You must configure a SCREEN option that would protect your router from a session table flood.Which
configuration meets this requirement?
A. [edit security screen]
user@host# show
ids-option protectFromFlood {
icmp {
ip-sweep threshold 5000;
flood threshold 2000;
}
}
B. [edit security screen]
user@host# show
ids-option protectFromFlood {
tcp {
syn-flood {
attack-threshold 2000;
destination-threshold 2000;
}
}
}
C. [edit security screen]
user@host# show
ids-option protectFromFlood {
udp {
flood threshold 5000;
}
}
D. [edit security screen]
user@host# show
ids-option protectFromFlood {
limit-session {
source-ip-based 1200;
destination-ip-based 1200;
}
}
Answer: D

4.Which type of Web filtering by default builds a cache of server actions associated with each URL it has
checked?
A. Websense Redirect Web filtering
B. integrated Web filtering
C. local Web filtering
D. enhanced Web filtering
Answer: B